カードローン審査

カードローン利用中に退職した場合はどうなる?

カードローンを利用中に退職することになった場合、カードローンはどうなるのでしょうか?いまあるカードローンというのはこの退職することになった勤務先での審査の結果であるし、退職するとなると返済ができないのではとすぐに使えなくなったりすることがあるのでしょうか?

 

カードローン会社が利用者の勤務実態を把握できるのは、基本的には、はじめの在籍確認時だけです。利用者の勤務状況を常に把握しているというわけではありませんので、退職したからといったただちにカードが使えなくなるということはないようです。

 

カードローンの契約更新の際に再審査を行うところもありますが、支払いが滞っていたりなど特に問題がない限りはそのまま利用を続けられるということになります。ただし、カードローンの規約には届け出をしている内容に変更があった場合には速やかに届け出ることを明記してあります。この連絡を怠ったことが判明した場合には、利用停止や一括返済を求められる可能性もあるということは理解しておきましょう。

 

ではもし規約に従って「退職します」という連絡を入れたらどうなるのでしょうか。
カードローンの利用条件には安定した一定の収入があること、となっていますので、新たな借入ができなくなる可能性が高いです。現在返済中という場合には、返済のみ利用できるような形になるでしょう。

 

それでは連絡をしないで再就職をするまでやり過ごすのがベストなのか?と言いますと、そうとも言えません。規約違反となったときのペナルティがあること、そして何より収入がないことで返済の見通しが立っていないのに新たな借入をしてしまう可能性があるのは自分にとってもマイナスだからです。

 

カードローン利用中に退職した場合には、やはり規約どおり連絡を入れておくのが今後の信用にもつながりますし、また自分にとってもベストな選択と言えるのではないでしょうか。