カードローン審査

一度審査に落ちたカードローンにまた申し込みできるのか

カードローンに申込をするときには、いろいろと調べたうえで選んだという方も多いかと思います。しかしもし、選んだ候補がぜんぶ審査に落ちてしまったときにはどうでしょうか?

 

時間と労力をかけてやっと納得出来るところを選んだわけですから、できればそのなかから借りたいと思ってしまいますよね。一度審査に落ちてしまったカードローンにはまた申込はできるのでしょうか?

 

再申込はできるものの、審査結果は変わらない可能性大

申込自体は利用条件を満たしていればできますが、残念ながら前回申込をした時と同じ状況で申込をしても、審査結果は変わらない可能性が高いです。

 

例えば審査に落ちた理由が勤続年数だったり、また信用情報に事故情報が載っていることだったりする場合には、半年後や1年後など時間が経ってから申し込んだら状況が変わる可能性はあります

 

しかし、あまり状況が変わらないところで再度申込をしても、それは申込履歴が増えてしまうだけでますます審査状況が厳しくなってしまいます。

 

まずは審査に落ちた原因の改善を

まずは審査に落ちた原因がなんだったのか、考えるところからはじめましょう。
同じ状況で申込をしても同じ結果になってしまいますが、落ちた原因がわかって改善できるのでしたらもしかすると審査に通る可能性も出てくるかもしれません。

 

・申込内容の不備
申込の際、実際よりも他社借入件数を少なくしたりなど不備はなかったでしょうか?
申込フォームの入力ミスというのは非常に多いそうですが、故意ではなくとも借入件数や金額などの間違いの場合、虚偽記載を疑われて審査に落ちてしまう可能性があります。

 

・他社借入件数が多い
他社借入が多い方はそのままですと審査に通らない可能性が高いですので、借入件数を減らしてから申込をする必要があります。一般的には4社を超えてしまいますと審査に通るのはかなり厳しいとされています。

 

おまとめローンなどで一本化できればよいですが、無理そうでしたらいまある借入のなかから残債の少ないものを優先して完済させることを目指しましょう。1件でも完済すれば、借入件数が減るだけではなく完済実績もつきますのでより審査に有利になります。

 

・勤続年数不足
勤続年数は半年程度でも審査に通るところがありますが、1年はあるといいです。
もしも足りていないという場合には、待ってから申込をすると審査には有利になります。

 

・キャッシング枠のある使っていないクレジットカードが複数ある
キャッシング枠のついているクレジットカードをいくつか持っている、という場合、いつでもキャッシングできる枠をそれだけ持っているということから、現時点で借入がなくとも借りたものとして判断して審査を行います。

 

キャッシング枠は10万円〜30万円程度のものが多いですが、それでもクレジットカードが何枚もありますとまとまった金額になってしまいます。使っていないクレジットカードは解約する、またはキャッシング枠を0にするなどしておきましょう。

 

・年収の3分の1にせまる他社借入額
消費者金融など貸金業者の場合、個人の借入総額は原則年収の3分の1まで、と総量規制で定められています。そのためそれを超えるような希望額の場合には融資ができません。また、まだ年収の3分の1には満たない状態だとしても、いくつも借入がすでにあってある程度の額を借りている場合には審査に通らない可能性が高いです。

 

どうしても借入を希望するのであれば、審査は厳しくなりますが総量規制対象外の銀行カードローンで検討してみるといいかもしれません。