カードローン審査

過去に延滞していたらもうカードローンは利用できないの?

カードローン審査に落ちる理由として、「信用情報に延滞などの事故情報があること」が挙げられます。

 

確かに延滞は審査に大きく影響する要因の一つではありますが、過去に支払いの滞納をして延滞になってしまっていても、その後もずっとカードローンが利用できないというわけではありません。というのも、信用情報期間に保有される信用情報には、決まった保有期間があるからです。

 

例えば信用情報には申込に関する情報も保有されているのですが、この申込情報の保有期間は6ヶ月間です。では、延滞の場合にはどうなのか?といいますと、その保有期間は信用情報機関によって異なります

 

信用情報機関ごとで違う保有期間

日本の金融機関は現在、3つの個人信用情報機関のいずれかに必ず加盟しています。

 

複数の信用情報機関に加盟しているというところも多くありますが、傾向としては消費者金融やクレジットカード会社はCIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本情報機関)、銀行や信用組合などは全国銀行協会というようになっています。

 

延滞発生の場合には、各信用情報機関ごと次のような保有期間となっています。

 

  • CIC…契約期間中および契約終了後5年以内
  • ICC…契約継続中及び完済日から5年を超えない期間(ただし延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から
  • 全国銀行協会…契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間

 

ではJICCだったら1年経てば情報が消えるから借入が可能になるのか?といいますと、延滞や債務整理といった事故情報はすべての信用情報機関で情報が共有化されるため、やはり最長で5年はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

わからない場合には信用情報の開示請求を

以前に延滞はしたものの、あれから正確にどのくらい経っているかわからない、という場合には、信用情報機関に問い合わせて開示請求を行うことで見ることができます。

 

開示請求の手続きもまた信用情報機関ごとで各社違いがあるのですが、インターネットでできる場合もありますし費用は1,000円程度です。

 

延滞がある場合には審査に通るのが難しいですし、ダメ元で申込をして申込履歴がついてしまうよりも、事前に調べておいて保有期間が過ぎたのを確認してから申込をする方が確実です。